FPの資格が持ってきてくれるチャンスたち

FPの資格を持っていると、ところでどんな特典がついてくるんでしょうかね? 

FPの資格を今から手に入れようとしている人たちのほとんどは、あまりFPの資格に詳しくもなくて、FPの仕事のこともよく知らない人たちがほとんどだと思います。
FPの資格があると、実は業界によっては強みになるんですね。
FPは、基本的に保険のような金融商品を取り扱うことができる資格ですから、特定の業界を志望するときは、貴重なステイタスになってくれるんです。

FPの資格がすごく評価してもらえるのは、だいたいこんな業界ですね。
・金融(銀行や証券会社etc.)
・保険(生保や損歩etc.)
・不動産

##金融や保険業界では、社員にFP資格を取らせるための補助制度を用意している例が多いくらいです。

他の業界ではあまりFPとはかかわりがないでしょうけど、「業種」ではなく「職種」という枠でFP資格を見つめるなら、大企業やそこそこの大きさの中堅企業では、こんな部署でFP資格を評価してくれることがあります。
・財務
・人事
・総務

それから、これはまだFP資格に興味を持っている段階の人たちには遠い先のことですが、企業の社員から、独立して仕事をするチャンスもあります。
「ファイナンシャル・プランナー」は、まだあまり職業だというイメージがないですがそれでもFPとしての事務所を開いている人たちはいますね。
職業としてのFPはまだ今から拡大していく途中ですけど、すでに確立されている独立型の職業(弁護士とか行政書士、税理士とか社会保険労務士etc.)がFPの資格も取得して、仕事の幅を広げることはよく行われているらしいです。

ここまででわかることは何でしょうか? ようするに、FP資格はとっておいて損をすることはなくて得をするチャンスだったらたくさんあるということですね。
FP資格に向けてのニーズは、まだぜんぜんピークに達していないんです。
##「FP取得者が多すぎて余っている」なんて事態になることもまだ遠い先のことでしょう。

FP資格で学生が就職活動を有利にしたり、育児に専念していた主婦が復職を有利にしたりするのももう珍しい風景じゃなくなってきています。早くFP資格を取得したほうがいいですね、とにかく! 

TOPページ