FP資格のかしこい取り方

FPの資格をフルスピードで手に入れるための勉強法……をそれじゃ考えていきましょう、といいたいところですがところで、FPの資格はどんな仕組みになっているんでしょうか? 

世の中には資格の種類が膨大にありますね。単一の資格も多数ありますけど、1級・2級……と分かれている資格もあります。それで、われらがFP資格はまさにその後者ですね。
それもただ上から1級・2級……みたいな分けられ方じゃありません。
FP資格は、主観団体もひとつじゃないですし、しかも国際的に認められている資格でもあるんですね。
海外との絡みもあって、実態はすごくややこしいことになっています。
それを、ひとことふたことみことで語りつくすことはとてもじゃないですけどムリなんで省略しますけど、それじゃ、どのFP資格を目指したらいいんでしょうか? 

おすすめなのは、「FP2級」と「AFP」ですね。2つあるんだったら2度受けないといけないのかと思いきや、うまくやれば立て続けに手早くとることもできます。ここでもう少し詳しく書いておきますね。

・2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士

「社団法人金融財政事情研究会(金財)」と「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」が学科試験と実技試験を主催している資格試験です(学科試験の内容が、どちらで受けるかで違います)。

・AFP

上述した、日本FP協会が認定を行っている資格です。
これは試験ではなく、日本FP協会の「AFP認定研修」を受けて終了するともらえることになっています。

この2つはちょっとややこしい関係にあります(今から説明します)けど、両方持っていたほうが絶対に得です。履歴書に書いたときの効果が違いますから……。

FP2級はだれでも受けられるわけではありません。
・FP3級合格者
・AFPの有資格者
・実務経験者(2年以上)

実務経験を先に積んでいることはまずないでしょうから省きますと、残った受験資格は2つですね。
難易度の比較的低いFP3級から受けてもいいですし、AFPから受けてもいいわけです。
そして、2級FPに受かってからAFP研修を受けることもできます。
♯♯一部のスクールや通信教育ではFP2級とAFPをセットで教えて(受けさせて)くれることがあります。
最高にいいのはそこを利用することですね!
 

次のページ