FP3級試験の学科試験のかしこい勉強法(後半)

FP3級の学科試験の勉強法ですが、まず過去問題を使ったりすれば、よく試験範囲になりやすいところをあぶり出すことができます。

でも、FP3級の学科試験はそれでもトータルではやるべき範囲がたくさんありますし、勉強法もいろいろ注意して考えないといけません。

ここでは、FP3級の学科試験の肝心な範囲を取り上げて、それぞれの勉強法のちょっとしたコツを並べていこうかと思います。

ライフプランニングと資金計画

よく問題になっているのは、「税理士法」や「確定拠出年金」、そして「資金計画」に関する範囲です。

年金については全般的に問題に入れられていますが特に確定拠出年金は、どんな人が加入してどうやって金額を決めるのか、よく調べておくとよいでしょう。

リスク管理

クーリングオフ」の制度の使われ方や、「保険商品」の種類とそれぞれの趣旨や金額の決め方、また「保険業法」のような法律がどんな問題になっているかを確かめておくとよいでしょう。

金融資産運用

金利の動き」は頻出していますから、市場がどう変わると金利が変わるのかを徹底して覚えましょう。

株式投資」についてもよく出題されていますが、独特の用語(投資指標や指数etc.)が多いので正確に暗記しておかないといけません。

タックスプランニング

所得の種類(いくつもありますからしっかりと覚えないといけません)」や「所得控除」、「税額控除」がよく問題として出されています。

損益計算」も問題としてよく見られますから、どんな順序で計算する仕組みになっているのか勉強しておくべきでしょう。

不動産

不動産の関連法規(ここでは「建築基準法」が多いでしょうか)」がよく問題になっているほか、「不動産と税金」も問題として見かけますね。

相続・事業承継

民法の法令の中から問題がつくられています。
相続と法律」「相続と税金」のように、相続の順序や相続税の計算問題といったややこしくなりがちな問題が多いですから、得意でない人は力を入れて勉強したほうがいいですね。

以上のような、FP3級の学科試験でよく問題に出されるところを、勉強法の中心に据えるとよいのではないでしょうか。

ここであがっているのは、FP3級の勉強法を実施する時によく覚えたほうがいいところでもあります。

FP3級の学科試験の勉強法の原点だとみなしてほしいですね。